1. HOME
  2. 検査実績・手術実績
  3.  

検査実績・手術実績

検査実績

当院では、消化器の内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)や、超音波検査を行っています。また、レントゲンを使った胃透視や注腸検査、CT検査なども実施。
さまざまな角度から、高い精度で消化器の病気を検査できるように努めています。
胃カメラや大腸内視鏡検査やCTは、他院からの紹介患者さんの検査も多数行っております。

胃カメラ・大腸内視鏡による検査数

胃カメラ大腸内視鏡

大腸ポリープ切除の実績

大腸ポリープ切除

H25年 H26年 H27年 H28年 H29年 過去5年
胃内視鏡(胃カメラ) 1445 1503 1511 1445 1491 7395
大腸内視鏡 1078 1288 1338 1293 1343 6340
大腸ポリープ切除 76 101 120 109 285 691
腹部超音波 1718 1967 1933 1807 1529 8954
胃透視 181 159 166 139 140 785
注腸 49 54 9 24 17 153
マルチスライスCT診断 543 620 650 714 575 3102
検査総数 5090 5692 5727 5531 5380

検査できる部位

胃内視鏡検査(胃カメラ)
食道・胃・十二指腸など
大腸内視鏡検査
大腸・肛門
大腸ポリープ切除
見つかったポリープを内視鏡下に切除
腹部超音波検査
肝臓、腎臓、胆のう、ひ臓、すい臓、膀胱、前立腺など
胃透視(バリウム検査)
食道・胃・十二指腸など
注腸(バリウム検査)
大腸
CT
脳、肺、肝臓、腎臓、胆のう、ひ臓、すい臓、膀胱、前立腺など

手術実績

錦織病院では、年間約400件の手術を行っています。

当院では患者さんの病状を正確に診断し、座薬等の薬物治療がよいのか、注射治療(硬化療法)がよいのか、手術治療がよいのか、経過をみながら適切な治療法を選択していきます。

坐剤等の保存療法を基本としながら、手術による根治が最善の治療だと考えられる場合には、手術を選択しています。

肛門疾患全体での手術率は15%程度と、まずは座薬等の治療を行い手術が必要な状況の方のみに手術療法を提案しております。

手術に関しては痛みが少なく、かつ根治性(しっかり治す)の高い治療を行っております。
また術後は入院のうえ、術後経過・排便状態の観察・指導をしっかり行っおります。

痔核痔瘻その他

H25年 H26年 H27年 H28年 H29年 過去5年
痔核 131 78 102 181 204 696
痔瘻 40 34 55 56 61 246
裂肛・肛門狭窄 67 47 37 42 42 235
肛門周囲膿瘍 33 32 39 44 41 189
直腸脱 2 7 7 4 12 32
鼡径ヘルニア 8 8 17 11 21 65
281 206 257 338 381

病気について

痔核(じかく、いぼ痔)

肛門の内側にできる内痔核と肛門の外側にできる外痔核がある。

痔瘻(痔ろう、あな痔)

肛門周囲膿瘍が悪化したもの。

裂肛(れっこう、切れ痔)・肛門狭窄(こうもんきょうさく)

肛門の粘膜が切れて、出血する。さまざまな原因により肛門が狭くなる。

直腸脱(ちょくちょうだつ)

腸が肛門から出てしまう。出産経験のある女性に多い。

直腸瘤(ちょくちょうりゅう)

腸にできたコブが膣側に飛び出す状態。出産経験のある女性に多い。

鼠径ヘルニア(脱腸)

鼠径ヘルニアは、一般には「脱腸」と呼ばれている病気です。足のつけ根(鼠径部)がふくらみます。腹壁の穴からお腹の中の臓器(腸など)が皮膚のしがに脱出するために起こります。
当院で手術しております。

当院は、日本大腸肛門病学会認定施設、日本臨床肛門病学会技術認定施設です。

診療のご案内

  • 内視鏡外来(胃・大腸)
  • 肛門科
  • 内科
  • 糖尿病・内分泌内科
  • 便秘・排便機能外来