1. HOME
  2. 肛門科
  3.  

肛門科

肛門の病気は、日本人の3人に1人が悩んでいると言われるほど一般的な病気です。
ただ、直接命にかかわることはなさそう…というイメージや恥ずかしさから、市販薬や民間療法で対処している方が多いのが実情です。
肛門の病気は、適切な診断と一人ひとりにあったお薬や正しい治療法の選択で、改善することが多い病気でもあります。

身近な病気だが、正しい診断のためには専門的な知識が必要

例えば、肛門の3大疾患としては「痔核(いぼぢ)」「裂肛(きれぢ)」「痔瘻(あなぢ)」があります。
最近は高齢化社会を反映して、肛門周囲の筋肉が衰えて生じる「直腸脱」「直腸瘤(りゅう)」が増えてきています。
当院には、裂肛が慢性化し、肛門が細くなる「肛門狭窄症」の患者さんなども数多く来院されますが、それらの診断には専門的な知識が必要です。

また、痔と思い込んでいたら、「大腸がんだった…」「潰瘍性大腸炎などの大腸の病気だった・・・」という可能性もあります。
当院では肛門疾患だけでなく、直腸内の病変や周囲の皮膚病変の診断・治療まで一貫して行います。

専門医でないと診断が難しい場合もありますので、どうぞお早めにご相談ください。

当院の肛門手術について

手術になるのは、ごく一部です。

年間400件という当院の手術件数などから、「痔の治療=手術」と思われている方もいらっしゃいますが、実際に手術を受ける患者さんは、肛門外来受診患者さん全体の10%~15%程度です。

それ以外のほとんどの方は、お薬(内服薬・坐剤)と生活習慣の改善で、症状が改善しています。

ただ、手術による根本的な治療は、特に当院が得意としており、肛門の病気で悩む患者さんの信頼に応えるためにも重要な位置にある治療法だと考えています。

痛みを少なく、しっかり治すための手術治療をします。

手術を行う場合は、痛みが少なく、かつ根治性(しっかり治す)の高い治療を行っております。
腰椎麻酔・静脈麻酔・局所麻酔を組み合わせることで、痛みと緊張感を取り除いた治療を心がけています。
また術後は入院のうえ、術後経過・排便状態の観察・指導をしっかり行っておりますので、ご安心ください。

当院は、日本大腸肛門病学会認定施設、日本臨床肛門病学会技術認定施設です。

診療のご案内

  • 内視鏡外来(胃・大腸)
  • 肛門科
  • 内科
  • 糖尿病・内分泌内科
  • 便秘・排便機能外来