1. HOME
  2. 肛門の病気
  3. 直腸瘤
  4.  

肛門の病気

直腸瘤(ちょくちょうりゅう)の原因と症状

直腸瘤(ちょくちょうりゅう)とは、直腸と膣の間にある壁が弱くなり、直腸がポケット状にふくらんできて、膣から飛び出してくる状態です。

直腸と腟の間にある組織が弱くなる原因としては、加齢や出産、排便時のいきみなどが考えられています。

直腸瘤の症状

直腸瘤の症状は、いきんでも便が出にくいといった排便困難が主な症状です。
そのほかに残便感、膣がふくれてくる、腟の違和感・重苦しさといった症状が現れます。

また症状が進行すると膨らんだ腟壁を指で押したり、下腹部を手で圧迫して排便する状況になります。

直腸瘤の診断

診断は肛門から検査します。
肛門・直腸壁を膣側に押すと、腟壁が飛び出すことで容易に診断が可能です。

造影剤・内視鏡で調べることもあります。

直腸瘤の保存的治療と手術適応

便秘の治療を行うことで、直腸瘤が軽症の場合は、症状が改善することが多いです。
便秘の治療などの保存的治療を行っても、排便異常等の症状が改善しない場合は、手術適応となります。

直腸瘤の手術について

肛門から行う経肛門手術と、膣側から行う経腟手術があります。

当院では経肛門手術を行っています。
直腸瘤部分の粘膜を処理した後に、周囲の組織と共に縫い合わせて弱った「直腸・肛門-膣間」を補強します。


当院は、日本大腸肛門病学会認定施設、日本臨床肛門病学会技術認定施設です。

診療のご案内

  • 内視鏡外来(胃・大腸)
  • 肛門科
  • 内科
  • 糖尿病・内分泌内科
  • 便秘・排便機能外来