外来
  1. HOME
  2. 外来
  3. 炎症性陽疾患外来
  4.  

炎症性腸疾患外来

当院では肛門疾患・大腸疾患における専門性の高い診断・治療を行っています。

大腸科では大腸がん・ポリープだけではなく、潰瘍性大腸炎やクローン病といった炎症性腸疾患の診断治療も積極的に行っています。炎症性腸疾患は日本でも患者数が増えてきており、当院でも100名以上の患者様が通院されています。

炎症性腸疾患について (潰瘍性大腸炎)

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜に炎症が生じて、びらんや潰瘍ができる大腸の疾患です。

中学高校生~30歳以下の成人に多いですが、50歳以上の年齢層にもみられます。
原因は不明で、免疫病理学的機序や心理学的要因の関与が考えられています。

炎症性腸疾患の症状の特徴

特徴的な症状としては、頻回の下痢があり悪化すると便に粘液や血液を伴います。
わが国の潰瘍性大腸炎の患者数は166,060人(平成25年度末の医療受給者証および登録者証交付件数の合計)で、人口10万人あたり100人と増加の一途をたどっています。

病変の部位は①直腸のみ、②直腸から左側の肛門に近い大腸、③全大腸のタイプがあります。
また症状は落ち着いた状態である「寛解(かんかい)」と症状のある「再燃(さいねん)」を繰り返す場合があります。

軽症では血便を伴いませんが、重症化すると水様下痢と出血が混じります。
関節炎、虹彩炎、膵炎、皮膚症状(結節性紅斑、壊疽性膿皮症など)などの腸管外合併症を伴うこともあります。

炎症性腸疾患の治療 (潰瘍性大腸炎)

症状が落ち着いている場合

症状が落ち着いている場合は、5-ASA製薬と整腸剤を中心に治療をおこないます。
症状がほぼ無い「寛解状態」を続けられることが治療としてまず重要なことです。

そのためには症状がないときこそ、しっかり5-ASA製薬の服用を継続することが重要であることが数多く報告されています。
また定期的な診察、血液検査、内視鏡検査による粘膜の状態の変化を診ていくことが重要です。

症状が悪化した場合

経過中に症状が悪化した場合は、5-ASAや副腎皮質ステロイドの座薬・注腸製剤による大腸への局所投与を行います。さらに改善が認められない場合は副腎皮質ステロイド剤の経口投与を行いますが、短期だけにとどめ副作用を極力少なくすることが大切なポイントです。
副腎皮質ステロイド剤の全身投与でも改善が乏しい場合や、いったん良くなっても再び症状が悪化する場合は、免疫調節薬・生物学的製剤の投与や血球成分除去療法を行います。
このような内科的治療に反応せず改善がみられない場合には手術適応を検討する場合もあります。
再燃時の症状が非常に悪い場合には、当院は奈良県立医大などの高次医療機関とも積極的に連携しているため速やかな紹介を行っております。

診療のご案内

  • 内視鏡外来(胃・大腸)
  • 肛門科
  • 内科
  • 糖尿病・内分泌内科
  • 便秘・排便機能外来