内視鏡検査
  1. HOME
  2. 内視鏡検査
  3. 大腸内視鏡外来(大腸カメラ)
  4.  

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

大腸がん検診としては、便潜血検査、大腸内視鏡検査がありますが、一番確実な検査は、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)です。

大腸内視鏡検査とは?

大腸内視鏡検査とは、大腸と小腸の一部を観察するために肛門から内視鏡を挿入し、「ポリープ・がん・炎症」などを診断する非常に有用な検査です。 組織をとって診断したり(生検)、病変によっては内視鏡的に切除可能な場合もあります。

当院では、経験豊富な内視鏡医が、鎮静剤(麻酔)を使いながら、痛みや苦しさの少ない検査を心がけています。
またレーザー光源搭載の内視鏡を使いますので、クリアな画像を見ながら検査ができます。

大腸がんや大きなポリープがみつかった場合には、当院は奈良県立医科大学附属病院等の高次医療機関と積極的に連携し、速やかな紹介を行っております。

また、当院には入院施設もありますので、ご希望に応じて、前日から入院しての検査や、ポリープ切除後に入院しての経過観察が可能です。
(ポリープを切除した際には、通常1泊~2泊の入院での経過観察を行います)

胃と大腸の同日検査は、安全面から、当院では行っておりません。ご了承ください。

大腸内視鏡検査を受けていただきたい方

  • 便潜血検査が陽性であった方
  • 40歳以上の方
  • 血縁者(3親等以内)に大腸がん患者がいる方
  • 血便のあった方
  • 貧血の方
  • 腹が張る、腹痛のある方
  • 下痢や便秘のひどい方

検査で発見できる病気は?

大腸内視鏡検査でわかることは、大腸がん、大腸ポリープ、大腸炎(感染症や潰瘍性大腸など)、大腸憩室(けいしつ)症などがあるかどうかです。
単に「便秘」「痔」「下痢」からくる症状だろうと決めつけず、しっかりとした診断を行うことが大切です。

もし、ごく初期の大腸がんやポリープが見つかった場合、当院では、検査をしながら切除することができます。
(病変の大きさや質により日を改める場合や高次医療機関に紹介となる場合もあります。) 

便潜血検査でもわからない初期の大腸がんを発見できることも!

大腸内視鏡検査により、便潜血の検査でも見つけられない早期のがんを発見することができます。

大腸がんになりやすい40歳以上の方は、症状がなくても2~3年に1回は大腸内視鏡検査を受けることをおすすめします。

大腸内視鏡検査にかかる料金

  健康保険1割負担 健康保険3割負担 自費(自覚症状なし)
異常なし 約2,000円 約5,000円~6,000円 約20,000円
組織検査あり 約3500円~6,000円 約10,000円~17,000円 保険診療に切り替え
ポリープ切除 約6000円~8,000円 約20,000円~26,000円 保険診療に切り替え

金額には、投薬料や入院料などは含んでおりませんので、おおよその金額になります。
※ポリープ切除は、手術に該当します。ご契約内容によって、民間医療保険の手術給付請求ができることがあります。 

錦織病院の大腸内視鏡検査

検査の特徴

  • 経験豊富な消化器内視鏡専門医による熟練した技術で検査します。
  • 最新鋭の内視鏡機器と「軸保持短縮法」という手法、さらに鎮静剤(麻酔)を用いることで、苦痛の少ない検査を心がけています。
  • ポリープがあった場合、大きさによってはその場で大腸ポリープの切除ができます。

大腸内視鏡検査の流れ

STEP1検査当日

当日、起きてからは水分以外は摂らず、朝9時に、錦織病院へご来院ください。

検査当日は、鎮静剤を使用いたしますので、できるだけご自身での運転ではなく、送迎や公共交通機関をご利用ください。

STEP2検査前の事前準備

病院内にあります専用内服室にて、腸管洗浄液(下剤)を飲みます。数時間かけて、大腸をきれいにします。

STEP3大腸内視鏡検査

13時頃から、便がきれいになった人から順に検査着に着替えて、大腸内視鏡検査を始めます。
検査時間は15分程度です。

ポリープが発見された場合は、病変の大きさにより内視鏡的に切除を行っております。
(切除した際には、通常そのまま1泊~2泊の入院での経過観察を行います)

STEP4術後回復

検査終了後、鎮静剤がさめるまで、回復室でゆっくりとお休みいただきます。

注意:鎮静剤を使用した場合、当日の車の運転は法的に禁止されています。

STEP5説明

病変が見つかった場合は、医師より診察室で画像を見ながら、検査結果のご説明をいたします。

診療のご案内

  • 内視鏡外来(胃・大腸)
  • 肛門科
  • 内科
  • 糖尿病・内分泌内科
  • 便秘・排便機能外来