内視鏡検査
  1. HOME
  2. 内視鏡検査
  3. 胃の内視鏡検査(胃カメラ)
  4.  

胃の内視鏡検査(胃カメラ)

胃の内視鏡検査とは、細い管を口、もしくは鼻から入れて、食道・胃・十二指腸を直接、内視鏡で見る検査です。
当院では経験豊かな内視鏡医がレーザー光源搭載内視鏡により鎮静剤を使いながら、痛みや苦しさの少ない検査を心がけて行っております。

胃内視鏡検査とは?

食道・胃・十二指腸を観察するために口または鼻から内視鏡を挿入し、「潰瘍」「がん」「ポリープ」「炎症」などを診断する非常に有用な検査です。
組織をとって良/悪性の診断(生検)やピロリ菌の有無を調べることもあります。
また細い内視鏡を鼻から入れることで苦痛の少ない経鼻内視鏡検査もおこなっております。通常の胃カメラと同様、レーザー光源搭載の内視鏡です。

胃と大腸の同日検査は、安全面から、当院では行っておりません。ご了承ください。

胃内視鏡検査を受けていただきたい方

  • 胃が痛むことがある
  • 食事のあと、胃がもたれる、むかむかする
  • なんとなく胃の調子が悪い
  • ゲップ、胃酸の逆流、胸やのどのあたりが焼ける感じがある
  • 最近、食欲がない
  • お酒の量が多い(多かった)、または喫煙が多い(多かった)
  • 血縁者(3親等以内)に胃がん患者がいる方

検査で発見できる病気は?

慢性胃炎、急性胃炎などの胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、ピロリ菌の有無、ポリープ、胃がん、逆流性食道炎、食道がんなどがあるかどうかです。

胃内視鏡検査にかかる料金

  健康保険1割負担 健康保険3割負担 自費(自覚症状なし)
異常なし 約2,000円 約4,000円 約18,000円
組織検査あり 約3,000円 約8,000円 保険診療に切り替え

金額には、投薬料などは含んでおりませんので、おおよその金額になります。

錦織病院の胃内視鏡検査

検査の特徴

  • 経験豊富な消化器内視鏡専門医による熟練した技術で検査します。
  • 特殊光検査ができるレーザー光源搭載の胃カメラを採用。胃がん・食道がんなどの早期発見が可能です。
  • 鎮静剤を使うので、うとうとしている間に検査が終わります。痛みや苦しさの少ない検査を心がけています。
  • 鼻から挿入することで苦痛の少ない経鼻内視鏡も、ご希望に応じて検査いたします。

胃カメラ/経口内視鏡検査の流れ

STEP1検査当日

開始予定時刻の15分以上前にご来院ください。

STEP2胃内視鏡検査

点滴の管から鎮静剤を注射します。検査時間は7分~8分です。

STEP3術後回復

鎮静剤がさめるまで、ゆっくりとお休みください。

STEP4説明

検査結果は組織検査の結果をふまえて後日外来にて説明をいたします。

ピロリ菌の検査・除菌

ピロリ菌とは、胃潰瘍(いかいよう)や胃炎の原因になる菌です。

ピロリ菌に長期間感染し、慢性胃炎の状態が続くと「胃がん」のリスクが高まると言われています。

当院ではピロリ菌の感染が心配な方や、すでに陽性と診断されていて除菌を希望している方を対象に、除菌治療を行っています。

錦織病院の検査方法

尿素呼気試験

呼気に含まれる成分でピロリ菌の有無がわかります。最も精度が高い方法です。
当院では院内に精密測定器を導入しているため検査日に判定可能です。(判定検査日の予約は必要です。)

便中抗原検査

便に含まれるピロリ菌の死菌の有無を確認します。身体への負担がなく菌の存在を判定できます。

血中抗体検査

ピロリ菌に感染すると、身体に抗体ができます。その抗体の有無を、血液検査で調べます。

内視鏡検査

実際に内視鏡で胃の中を観察して、胃粘膜に特徴的な症状があるかどうか、また粘膜を採取して感染しているかどうかを調べます。

保険診療でピロリ菌の「診断」「除菌」を行うには、この内視鏡検査(胃カメラ)が必須です。

ピロリ菌の除菌方法

ピロリ菌の除菌療法は、1種類の「胃酸の分泌を抑える薬」と2種類の「抗菌薬」の合計3剤を服用します。1日2回、7日間服用する治療法です。正しく薬を服用すれば1回目の除菌療法(1次除菌)の成功率は約90%です。失敗された10%の方も、半年以上あけてから抗菌薬を変更した2回目の除菌が可能です(2次除菌)。

副作用

軟便や下痢があり、その原因として、抗菌薬による腸内細菌のバランス変化等と考えられています。ほかに、味覚異常やアレルギー反応があらわれる人もいます。いずれもしばらく時間が経過することで治癒します。症状が強い場合は再診して相談し継続可能か判断します。

判定

一般には除菌後8週間以上してから、尿素呼気試験と便中抗原検査で行います。

血中抗体検査の場合は、除菌後6ヶ月以上してからの判定を行います。

診療のご案内

  • 内視鏡外来(胃・大腸)
  • 肛門科
  • 内科
  • 糖尿病・内分泌内科
  • 便秘・排便機能外来